PSU(ワールド2)にて奮闘するシ十さんの愛と友情と捏造の物語。  走ります。走らせます。ネタが尽きるまで・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その日 

シ十さんは一人ヤケ酒をかっくらっていた。


酒持ってコォ━━━━щ(゚Д゚щ)━━━━イ!!!!

大声で怒鳴り散らすシ十さん。


これは相当荒れているようですね・・・。


もちろん自分で冷蔵庫までダッシュする。

酔っ払ってもなお、人に迷惑のかからない呑み方を知っている。

そこら辺はさすが大人でしたが・・・。



味噌汁さん「どうしたんですか?」

シ十さん「どうもこうもねぇよっほぅw」


※味噌汁さんとはシ十さんの部屋の倉庫のマシーンです。


突然下を向き泣き崩れるシ十さん。


これにはこんな深いワケがありました。



・・・・・回想 女台まり・・・・・


パルムでの狩り中。

[16汁:ヤケ酒]の続きを読む
よい子のみなさんっ こんばんは!


その辺にあるテーブルにタバコを置いといたの忘れてて寄りかかったらモロに手でタバコの火をもみ消し 一人で逆ギレしたシ十です。


いきなり読みにくく、そしてわかりにくい文章ですみません。


まぁ日記でも。




はぁ・・・。


しかし落ち着かんなぁ・・ドキドキ


とうとう自分の店を持ったシ十さん。


店に商品を並べてもいないのに 初めてのお客様が来るのを待っていました。


緊張するなぁ・・・。


やっぱ初めてのお客さんにはご挨拶せねば!



プシュゥウ~~ン


[15汁:ショップ開店・・・最初のお客はどんな人?]の続きを読む
あ~


ども。


俺さぁ~


シ十なんだよね~。


てかさぁ 


世の中の全部?っつーの?


嫌んなっちってさぁ~~。


靴べらって知ってるかなぁ~


アレ使わないでお靴履くみたいな?


そんなちょいワルな事とかもよぉ


したんだよねぇ。





その日、シ十さんはグレていた。


そう、金欠だったのだ。


周りのみんなが武器の強化してたり

新しい服を買ったりしている中、


シ十さんは満足に服も買えていない状況だった。



シ十さんは一人マイルームで反省会をしてました。


静かな空気、思い返せば反省する事ばかり・・・。


・・・寝よう。


そう思った時、何者かが侵入してきた。
 
金目のモンはねーぞぉおお!

[14汁:ある部屋にて]の続きを読む
ちょいーーっす!

 

久しぶりにご飯にふりかけしようとして袋を開けた瞬間に全部床にバラまいたシ十です。



よい子のみんな!袋開ける時は慎重にね。


あせったらおじさんみたいになっちゃうぞぅ?




あはは^^


はは


・・・・・誰がおじさんダヨ!!!



ちょいーっす!



あ、さっきやったか・・・・。



まぁ始めます。




今日は前々から会おうと思っていた人がおりまして、

その 変態 人を探しに出かけました。


名前はイースレイ

そして、ユニバ30が拠点の自称アフロ評論家


まぁこんくらいの情報しかなかったんですが(´-ω-`)

・・・。正直、イースレイさんは男キャラなので

探すにしても気合のノリが違うというか・・・(´∀`)


しかし男の約束を破るワケにはいかん!

と言う事で、まずはパルムから探し始めるシ十さん。




・・・・あ。




速攻みっけたw



しかし、シ十さんはすぐに乱入するなんて野暮な事はしない。



何事も最初が肝心である。

出会いも例外ではない。

ここで常に持ち歩いている手鏡を手に取り顔を覗き込む。

[13汁:みれんさんの日記メンバーとコラボ!]の続きを読む
真夜中のドライブ。


無敵のマシン。


そう・・・。俺は野に放たれた一匹の狼になっていた。


渇いたエンジン音と、俺の魂の声がリンクする。


静かにこみ上げる鼓動。


・・・・ん?行き先かい?


今の俺に行くあてなんてないぜ?


対向車さえ見当たらないほどのミッドナイトだ。


深い闇の中、真っ赤なシグナル(信号)がブルーに変わるその瞬間


俺は軽くタバコを吹かす。


これが男のダンディズム


そうだろう?


「今だッ!」
[12汁:モトゥブ酒場の空気]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。